本文へスキップ

ビットコイン 投資

ビットコインの投資するなら今流行のビットリージョンがおすすめ!!

色んな投資がありますが今投資するならビットリージョンがおススメです、1日1パーセント1ヶ月で30%というありえない利回りです。ただ仕組みを知ってしまえば納得できます。はじめは疑ってしまいますがやるなら断然今がおすすめです。後になればなるほどリスクは高まりますので。

informationお知らせ

  

   
    目次

ビットコインの投資するなら今流行のビットリージョンがおすすめ!!

  1. ビットリージョン登録
  2. ビットリージョンとは??
  3. ビットリージョンのルール
  4. ビットリージョンがどうやって回っているのか??
  5. ビットリージョンの登録までの流れ
  6. ビットコインの仕組み
  7. マウントゴックス事件とは
  8. お問い合わせ1
  9. お問い合わせ1





        登録はこちらからです。紹介者は
yubou0373です。
                 ↓  ↓  ↓  ↓
          ビットリージョンの登録画像です。
                脅威の1日1%の金利

ビットコインの投資ならビットリージョンがいま一番あついといわれております。その理由は投資で1日1パーセント1ヶ月で30%という金利!!正直はじめは自分もありえないと思いました。ただ仕組みを知ると納得できます。ただ似たようなアドレスで詐欺が多いので注意してください。登録などは誰かに教えてもらった方がいいです。ではまず仕組みを説明しますね。

マッチングの 
                シュミレーションA
 運用額  運用期間  利息  配当  合計
 30BIT  20日  1日  1%20日 20%   6BIT  6BIT
                 
1BIT(10万円の場合)300万を20日運用して360万になり60万の利益が出ることになります。ちなみに実は私がこの額を入れてましてその時ビットコインがあがっていたので20日で100万ぐらいは儲かりました。(¥^−^¥)その時はだいぶうれしかったです。       

      ビットリージョンとは

 ビットリージョンとはビットコインを通じて融資したい人と融資されたい人をマッチングさせる(結ぶ)企業です。

 そして誰かに寄付(融資)することによってその貢献にたいして1日1%利益がつく仕組みです
寄付できる金額は0,1ビット(1万円相当)〜30ビット(300万相当)です。
1ビット10万円換算で計算しております。まずはじめに寄付(融資)したい人が申請(PH)します。相手が見つかるまでの申請中は1日0,5%の金利がつきます。申請の期間は状況にもよりますが3,4日ぐらいかかります。そして融資されたい人が見つかればその時点でマッチングとなり1日1%の金利がつきます。そして20日で満期となり利息だけをおろすか、元本と利息全部をおろすかを選択できます。
ただ元本の方は置いとくと又新たに1日1%の金利がつくので置いといてもいいのですが金利のほうはつきませんで金利はすぐに下ろしましょう!!

              ビットリージョンの主な流れ
 3日〜5日→ 20日→ 3日〜5日
 寄付(ph)申請 マッチング中 引き出し(gh)
 1日0,5%金利 1日1%の金利 金利つかない
マッチング20日が終わりれば
@利息だけをおろすか、元本と利息全部をおろすかを選択
             
             
                  
ビットリージョンのルール

ビットリージョンには色んなルールがあります。先ず色んなルールの確認を行って行きたいと思います。
寄付(PH)と引き出し(GH)には共通のルールがありそれ寄付するときも引き出す時も決められた数字から選ばないといけないと言う事です。数字を決めることによりマッチングをしやすくなるということです。                      PH,GHは決められた数字でしかできない
0,1BTC 0,2BTC 0,3BTC  0,4BTC  0,5BTC 
1 BTC   2 BTC 3 BTC   4 BTC  5 BTC  
10BTC   15BTC 20BTC  25BTC  30BTC 
この数字しかPH,GHできないですが0,1BITは現実的ではありません後々説明しますがPH,GHをする際パスポート(申請用紙を買わなければいけません)そのパスポートが一枚0,05BITかかります。つまりBIT10万の時なら5000円です。GH(引き出し)を0,1BIT(1万円)したばあい5000円のパスポート(申請用紙)を買ってしましょう。

              PH,GHするにはにはパスポートが必要となる 
                  パスポートの画像です。 
 申請時にはパスポート1枚0,05BIT必要である。1BIT10万円の場合5000円です。

               ビットコインの設立日
 ビットリージョンの設立日は2015年の11月です。ちなみに今は1年以上たちますが初めからやってる人はビットコインも上がっておりかなり儲かっております。(^−^)うらやましい限りですね。でもまだ遅くはないですよ、今2016年12月の時点でもビットリージョンはサーバーを4倍に増設しております。これの意味はビットリージョンはこれからもまだまだ続けて行くという事を意味しています。ですのでまだビットリージョンは続くでしょう。ですのでやるなら今がおすすめでしょう。

             
ビットリージョンがどうやって回っているのか??

さてビットリージョンのしくみはわかったけどビットリージョンがどうやって回っているかがわからないという方が多いと思いますが運営利益自体は凄くシンプルです。ビットリージョン自体の利益はパスポート代だけです。PH,GHの際パスポート代0,05BTC必要で今の相場でいうと5000円ぐらいで運営しております。
では配当の利息はどこから来るのかというと新規の利用者の寄付(PH)と会員の利用者の再寄付(PH)です。やはり20日で満期になった時にやめる方は少なく、最寄付(PH)し回すこ事が多いです。ですので新規の利用者と会員の方でビットリージョンを回しております。今2016年12月現在5万人が登録しており、1日1000人の登録者が増えております。新規の利用者が入らないと回らないですが現在世界で5万人と言う事はまだまだ増えそうですね。(*^ー^*)
              ビットリージョンの説明会と勉強会!!勉強会、説明会の画像です。
これは大阪限定になるのですがビットリージョンの説明会や勉強会をしておりますので興味のある方はご参加下さい。
自分はビットリージョンをグループしておりますので
 ☆他では聞けない効率のいい運用の仕方基本的には元本保証まで100日程かかりますが(それでも短い期間と思いますが)80日〜90日程で回収できます。(本気でお得です。)
 ☆これは先の話なのですがビットリージョンにはグループボーナースというのがありますが断然一人でやるよりはチームでやっているほうがボーナスも入りやすくなります。
 ☆グループでやっているからこそのお得情報、例えばグループだからできるビットリージョン最新情報の共有やビットリージョンで変な動きなどがあった場合すぐ連絡しリスクを回避しやすくなります。。一人でやるよりみんなでやった方が断然お得です。みんなでいっぱい稼ぎましょう。
などなど聞くだけでも構いませんのでご参加下さい。お問い合わせはこちらまで 。
ラインで友達登録追加もできますので(^-^)
         
ビットリージョンの登録までの流れ

それではビットリージョンの登録方法をPDFではっておきます。
 0 BitRegion最初に.pdf へのリンク
@BlockChain登録方法 .pdf へのリンク
ABitFlyer (購入・送付) .pdf へのリンク
BBit Region 新規登録マニュアル 改定.pdf へのリンク
CPH申請方法.pdf へのリンク
DGH申請方法.pdf へのリンク
BitRegion内容.pdf へのリンク
ただ自分でわかる所は自分でやって頂いて構わないのですがビットリージョンの登録ぐらいからは英語なのでわかりにくいのでサポートします。できるなら構わないのですが(笑)よくCの寄付PHの時などにビットリージョンが込み合っているとなかなかあくせすできず何回もクリックし何回も申請してしまう事があるので何回も押すのはやめてください。申請する時にパスポートがいるので何回も申請しパスポートが減ってしまうので(ビットリージョンに手続きすれば返ってきますが手間なので)全然サポートはしますので気軽に言ってください

         登録はこちらからです。紹介者はyubou0373です
                 ↓  ↓  ↓  ↓
          登録Aの画像です。

ビットコインとは?お知らせ


  まず初めにビットコインときいて怪しいなぁと思っておりませんか??私も初めはそう思っておりました。そしてインターネットで情報召集や勉強会などに参加してわかった事はビットコインによって時代が変わります。当時インターネットが爆発的に復旧した時と似ているといわれております。今はなんとなく知ってる人が多いですが大手銀行、google、アップル、マイクロソフト、IBM、ナスダック、そして日本では楽天やNTT、リクルートなどなど・誰もが知る企業が続々と参入していることをあなたは知っておりますか??ビットコインとはインターネット上で発行、取引される仮想通貨の1つです。ついに政府も通貨認めており、お金と同じ用に使う事ができます。そんなビットコインをできるだけわかりやすくを紹介していきたいと思います。ビットコインでできることはざっくりこんな感じです。
@ビットコインの売買ができる(投資)
A買い物などをビットコインで払える
Bビットコインをほぼ手数料なしで誰かに送れる(送金)
ビットコインの仕組みの画像です。
この中で身近に感じるのがA買い物などをビットコインで払える度と思います。お店で買い物したときどういった払い方がありますでしょうか??現金ではらう、クレジットカードやデビットカードで払うなどがで払うなどが今では一般的ですが実はビットコインで払うことができます。ビットコインは紙幣ではないので現金のように財布から払うことはできないですが取引所に口座を作ることができます。そこにビットコインを入れておき下ろすことが可能なのです。今デビットカードでビットコイン決済ができる時代になってきております。今は限られた店しかできないですが今政府がビットコインを通貨として認めてきているのでより今後は増えていくことが予想されます。なぜならクレジット決済した時はお店はクレジット会社に代金の3〜5%払わなければいけません。ビットコイン決済ではこの手数料が1%ほどですみます。この1%というのは脅威です。だいぶクレジット会社からは嫌がられてるようですが。(笑)又手数料が1%になることによってお店はコスト削減になり経済もよくなるでしょう。この決済機能がビットコインの大きなみりょくであり、実際北米のAmazonではビットコイン決済がはじまっております。今まさに時代が変わろうとしているのです。↓本気でやばい事になっております。
ビットコイン取引所の運営などを手掛けるbitFlyerは2016年12月21日新しいブロックチェーン技術「miyabi」を発表した。
UFJフィナンシャル・グループ、みずほフィナンシャルグループ、三井住友銀行の大手3社が実証実験を行い、ブロックチェーンを使ったことが11月に話題になったことから、「どのようなブロックチェーンを使っているのか」が話題になった。

3メガバンクで実証実験済「独自ブロックチェーン」miyabi発表


Bビットコインを誰かに送る
 海外では特にビットコインの送金に注目があります。例えばあなたが留学しあなたが親に毎月5万円仕送りするとします。本来なら銀行の海外サービスは1回当たり2500円〜4000円程手数料が発生しますがビットコインを使えばかなり安く抑えられます。又銀行のサービスは数日かかりますがビットコインなら一瞬で届きます。又今は海外旅行を行く人が多いですが円からドルに買えた場合手数料も高いですがビットコインならかなりやすく抑えられます。今まさに需要がきているのです。
               マウントゴックス事件とは?マウントゴックスの画像です。
           ↓
 実は横領してました。
マウントゴッtクスAの画像です。
 ビットコインの仕組みはわかったが以前マウントゴックスの事件はどうなんだ??っていう方が多くいるかと思います。あの事件で語弊のあるニュースで日本人はビットコインに対して不信感を抱いているのは事実なのです。当時世界最大の取引所だったマウントゴックス社が突然、経営破綻したのです。当初それは外部からのサイバー攻撃だといわれておりました。しかしよく調べてみると会社による業務上横領だったのです。マウントゴックス社といういち取引所による犯罪でした。
マウントゴックス社が経営破綻した日は前日の1BIT 59250円ぐらいから56900円程に急落しかしすぐに6万円程度に回復しました。この事からマウントゴックス事件がビットコインに影響を与えていないのです。つまりマウントゴックスは取引所の1社にしか過ぎず経営破綻はあくまで1取引所の不正横領よるものでビットコインの技術のブロックチェーンは認められていたのです。例えば円とドル交換する両替所の1つが不正したからといって円やドルの信頼は変わりませんよね。
ただ日本ではビットコイン=サイバー攻撃でなくなった=信用できないと間違った解釈しているのです。 ではブロックチェーンとはなんでしょうか??
               ブロックチェーンとは??

銀行は中央サーバー顧客の台帳を管理しており、誰かが不正に1億円を引き出そうと思うなら、通帳ではなくこの中央サーバーを改ざんしなければなりませんが銀行は中央サーバーの維持や、セキュリティに巨額の資金を投下していますのでまずありません。一方ブロックチェーンは全然管理の仕方が違います。顧客の台帳を使って不特定多数のコンピューターに分散さして共有する方法を使ってます。一般的に分散型台帳技術といわれております。簡単にいうとみんなで誰がいくら持っているかを全員で把握しょうとするシステムです。誰かが自分だけの台帳を改ざんしてもみんなの台帳を改ざんしなければいけないのでかなり難しく現実的ではありません。 

profile

ビット


TEL.070-6923−3730
FAX.